上質なトレンチコートならスタイルテックス

始まりはEDOから

始まりは「EDO」から

それは江戸時代、朱、灰、青、茶などの縦縞が入った川越唐桟という高価な織物が庶民、町民の人気を博していました。
川越唐桟の原料となる木綿糸は江戸から水運により供給され川越で染色されていたのです。
まさにこの頃から江戸と川越は糸で結ばれる関係でした。
EDOCOATの生地も今もなおその時代から受け継がれる染色技術を継承し川越にて糸から染め上げられます。裏地にアクセントとしてデザインされた縦縞ラインもどこか川越唐桟の歴史を感じさせてくれるでしょう。現代的なデザインシルエットは伝統技術により形となるEDOCOAT

HOMEに戻る

PAGETOP